関東一、好打で接戦制し4強 選抜高校野球

1日、関東一4―2横浜) 関東一が中軸の好打で接戦を制した. 4回に秋山の2ランで2点先行. 9回は木内、秋山、伊藤の3連続長短打で勝ち越した. 横浜も7回に尾関の犠飛で追いついたが、関東一・中村を最後まで崩しきれなかった. 3~5番が計1安打と抑えられた. ○米沢監督(関) 9回に打線がつながり、勝ち越した. 「よく粘ってくれた. tiodurchlang 妊娠中のヴィクトリア、子供の性別について 選手たちは自信を持ってプレーできている」 ●柳(横) 9回途中、127球で降板. 「勝負を急ぎすぎた. ボール球をもっとうまく使えば良かった. 9回は全て球が甘く入り、連打された」 ●渡辺監督(横) 「このチームがこういう試合をできるようになった. 選手が頑張ってきたからだ. シャイニング・グッチ バッグフォース』シリーズのキャラ 3点勝負と考えていた. 4点とられたら仕方ない.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>