来春の花粉、全国的に少なめ 北海道など一

環境省は20日、来春のスギ・ヒノキ花粉の飛散量と飛散開始時期の予測の第一報を発表した. 飛散量は過去10年間の平均(例年)と比べ、四国・九州の一部と北海道でやや多くなるが、ほかは少なく、特に東北の南部や関東北部、北陸、東海では半分以下の所が多くなると予測された. 大量に飛んだ今年春に比べると、北海道など一部地域を除いて少なくなる. とはいえ花粉症に十分な注意が必要となる量は飛ぶ見通し. MBT 通販 backbidlama substalkingc 飛び始めは例年並みかやや遅くなる. 九州・四国の一部や静岡県の伊豆半島南部は2月上旬、九州・四国の一部と関東、東海、関西などで2月中旬ごろから飛び始めると見られる. 環境省は今後、1月下旬と2月中旬にも最新の予測を発表する予定.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>