小笠原の新島、甲ナイキ 新作子園と同じ広さに 溶岩で

小笠原諸島の西之島近くにできた新しい島について、海上保安庁は2日、甲子園球場とほぼ同じ広さの約3万8千平方メートルに成長したと発表した. 1日の観測で、東西約250メートル、南北約200メートルに広がり、出現当初の約2・5倍の面積になっていた. 前回11月26日の観測では、溶岩は主に北東に流れ出ていたが、今回はさらに南東にも扇状に100メートルほど流出しているのが確認された. ニューバランス 574 流れ出た溶岩は海水で冷え、平らに固まっているという. 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALC 伊藤弘志火山調査官は「前回の観測と同程度に活発な活動が続き、溶岩が流出した部分が増えて安定してきている」と話した.

Comments are closed.